お口の健康をサポートしてくれる歯科~ヘルシートゥース~

歯

子供の歯の管理

三軒茶屋の歯科は、乳幼児期から高齢者まで使用するものです。ただ、年齢によって利用する歯科診療は変わります。乳幼児期から学童期の子供は、三軒茶屋の小児歯科で治療を受けます。永久歯が生えそろっている場合は、一般歯科を利用しますが、乳幼児期から学童期の場合は永久歯が生えそろっていない時なので、小児歯科で虫歯治療をしたり、永久歯の歯並びをチェックしたり、指導を行います。歯科と言えば、治療をする時だけに利用するという人が多いですが、かかりつけ歯科医師を持った方が良いです。その理由は、適切な指導を受けることができますし、歯について気軽に相談できるからです。特に子供の時期は、後々影響を受けやすいので、問題があったらなるべく早く相談した方が良いです。

三軒茶屋の歯科では、レーザー治療を行っているところが多いです。歯科でのレーザー治療は、診断用と外科用があります。診断用レーザーを照射することで、予防をすれば良いのか、治療した方が良いのか判断することができます。外科用レーザーを使用すれば、細菌を殺菌したり、外科用メスとして使ったりすることができます。三軒茶屋の歯科で使用しているレーザー治療は、痛みが少ないので、麻酔を使わずに治療することも可能です。レーザー治療は、歯周病、神経、虫歯、口内炎などの治療で使われることが多いです。今までの歯周病の治療は歯肉をメスで切る必要がありました。しかし、レーザー治療の誕生で、歯周ポケットを焼いて蒸発させるだけで済むようになったのです。